メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

災害時デマのパターンを知ろう 関谷直也氏・東大特任准教授

せきや・なおや 1975年新潟県生まれ。慶応大総合政策学部卒。東京大大学院博士課程満期退学。福島大客員准教授兼務。東洋大社会学部准教授などを経て現職。専門は災害社会学や災害情報論、安全社会論。東日本大震災後の福島にたびたび足を運び、風評被害や原子力事故を社会心理学のアプローチから研究している。著書に「風評被害 そのメカニズムを考える」(光文社新書)、「『災害』の社会心理」(ワニ文庫)など=東京都文京区の東京大で2016年5月2日、大村健一撮影

 先月14日に発生した熊本地震は、発生直後から、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で「ライオンが逃げ出した」「井戸に毒がまかれた」など数多くのデマが広まった。災害時に「おきまり」のように繰り返される「うそ」の情報の広がりに、対策はあるのか。災害時の社会心理を研究している東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センターの関谷直也・特任准教授(40)に聞いた。【大村健一/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り5824文字(全文6043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです