メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駄菓子屋「ちゃいるどはうす」

人気 開店16年 「家庭的な雰囲気」親しまれ /奈良

駄菓子屋「ちゃいるどはうす」を切り盛りする五百崎貞子さん(右)と次女藪下薫さん(左)、孫の葵さ=奈良県三郷町で、熊谷仁志撮影

 三郷町立野北1の静かな住宅地の一角に、駄菓子屋「ちゃいるどはうす」がある。子供にあめなど菓子類を10円から売る小さな商店だ。少子化やコンビニ店の隆盛で、かつてはどこにでもあった「まちの駄菓子屋」が都市部でも次々と姿を消す中、開店から16年、地元の子供たちに親しまれてきた。近隣の王寺、平群両町から自転車で来る子供や車で遠くから来店する客もあり、店内は笑顔であふれる。【熊谷仁志】

 駄菓子屋を切り盛りするのは五百崎(いおざき)貞子さん(70)で、店内で餅を売る次女の藪下薫さん(4…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文922文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 登山家 栗城さん死亡連絡で生中継中止 AbemaTV
  4. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  5. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]