メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九重“夢”大吊橋

6、7月無料化 1000万人達成目指す /大分

 九重町は、鳴子川渓谷に架かる専用歩道橋「九重“夢”大吊橋」を6月1日から7月末までの2カ月間、無料開放することを決め、23日の町議会で報告した。4月16日の熊本地震の本震以降、入場者が激減し、観光業界などに深刻な打撃を与えているため、客足を呼び戻そうと無料化を打ち出した。

 町商工観光・自然環境課によると、大吊橋の入場者は大雨も重なった4月21日にわずか2人になるなど、同16日〜月末は前年同期比…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです