メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態統計

死因1位がん 死亡数129万人で最多更新

 厚生労働省が23日公表した2015年の人口動態統計のまとめによると、死亡数は129万428人で戦後では最多を更新。死亡数が出生数を上回る「自然減」は28万4772人で9年連続、減少幅も過去最大となった。死因の1位はがん(悪性新生物)で28.7%、2位は心疾患の15.2%、3位は肺炎の9.4%だった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 論点 日大アメフット部問題
    2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
    3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    4. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
    5. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]