メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん細胞

免疫細胞の攻撃回避の仕組み解明

京都大大学院医学研究科の研究チーム

 がん細胞が免疫細胞の攻撃から逃れる仕組みの一端を、京都大大学院医学研究科の小川誠司教授(分子腫瘍学)らの研究チームが新たに解明した。新タイプの抗がん剤として注目される「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の効果がある患者を見分ける研究につながると期待される。23日に英科学誌「ネイチャー」電子版に掲載された。

 体内には異物や外敵と闘う免疫細胞があるが、がん細胞は攻撃から逃れるため「PD−L1」というたんぱく…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱
  5. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです