メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加納陸と高山勝成が王座決定戦 8月20日に

WBOミニマム級

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級1位の加納陸(18)=大成=と、国際ボクシング連盟(IBF)同級前王者でWBO同級2位の高山勝成(33)=仲里=が8月20日、兵庫県三田市の駒ケ谷運動公園体育館でWBO同級王座決定戦を行うことが23日、大成ジムから発表された。世界初挑戦の加納が勝てば、井岡弘樹の持つ18歳9カ月10日の国内最年少世界王座獲得記録を6日更新する。

     世界4団体制覇の高山は16試合目の世界戦で、具志堅用高と長谷川穂積の15試合を上回って日本男子選手の世界戦出場数単独最多。今回勝てば自身の持つ国内の世界王座最多獲得記録を6に伸ばす。

     加納は16歳でフィリピンでプロデビューし、今月8日に東洋太平洋同級暫定王座を獲得した。同市の大成ジムで行われた記者会見では「高山さんは偉大で強いが、俺が勝って世代交代です」と宣言。高山は「アジアチャンピオンとワールドクラスの差を見せつける」と自信を示した。

     戦績は加納が10勝(5KO)1敗1分け、高山は30勝(12KO)8敗1無効試合。【来住哲司】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. くらしナビ・ライフスタイル 減らぬ大阪市の生活保護受給 本当の課題とは
    2. 認知症無理心中 老老介護の末 遺書に「じいじ、ごめん」
    3. ファンキー末吉さん JASRACを「不当」と上申書
    4. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
    5. フィンランド 通行人刺され2人死亡 男拘束、8人搬送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]