メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェイス

来月4日から新歌舞伎座で特別公演 島津亜矢さん /大阪

充実した活動、30年に

 1986年、「袴(はかま)をはいた渡り鳥」でデビューした時は15歳。活動30周年を迎え、「あっという間に過ぎてよく分からない」と朗らかに笑いつつ、「改めて振り返ってみると、とても密度の濃い30年でした」と充実した表情を浮かべる。

 中でも転機となったのは20歳の時だ。事務所移籍と休養期間を挟み、「このまま歌えなくなるかもしれないという不安」の中で、2年ぶりの新曲として、師と慕う作詞家の星野哲郎さん(故人)が「愛染かつらをもう一度」を書いてくれた。

 「私はずっと力強い“ド演歌”を歌ってきたので、予想外の柔らかい歌に最初は戸惑いました」。星野さんに…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです