メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェイス

来月4日から新歌舞伎座で特別公演 島津亜矢さん /大阪

充実した活動、30年に

 1986年、「袴(はかま)をはいた渡り鳥」でデビューした時は15歳。活動30周年を迎え、「あっという間に過ぎてよく分からない」と朗らかに笑いつつ、「改めて振り返ってみると、とても密度の濃い30年でした」と充実した表情を浮かべる。

 中でも転機となったのは20歳の時だ。事務所移籍と休養期間を挟み、「このまま歌えなくなるかもしれないという不安」の中で、2年ぶりの新曲として、師と慕う作詞家の星野哲郎さん(故人)が「愛染かつらをもう一度」を書いてくれた。

 「私はずっと力強い“ド演歌”を歌ってきたので、予想外の柔らかい歌に最初は戸惑いました」。星野さんに…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです