メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浮体式洋上風力発電

風車、海に立つ 7月福島へ、組み立て完了 洲本 /兵庫

羽根などが取り付けられ姿を現した浮体式洋上風力発電の風車=兵庫県洲本市の洲本港沖で、登口修撮影

 洲本港沖で進められている「浮体式洋上風力発電」の風車の組み立て作業が24日、完了した。海上から最上部の羽根(ブレード)の先端まで高さが150メートル以上もあり、海上に浮かぶ浮体部は黄色、タワーと羽根がライトグレーのツートンカラーの“海に浮かぶ風車”が姿を現した。

 経済産業省が福島県沖の太平洋上で進める「福島浮体式洋上ウインドファーム実証研究事業」で設置される3基の風車のうちの1基。アンカーで固定した浮体装置の付いた風車を海上に浮かべて発電する仕組み。

 洲本港沖で組み立てられている風車は出力5メガワット。造船会社「ジャパンマリンユナイテッド(JMU)…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文635文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]