メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タックスヘイブンの闇

/下 欧州各地、温床に 裁かれる内部告発者

 ルクセンブルクの一角で今月上旬、全欧州が注目する裁判が行われた。元大手会計事務所職員、アントワーヌ・デルトゥール被告(30)やジャーナリストら3人が2010年に会計事務所から内部文書を持ち出し、12年に仏メディアで暴露したとして「秘密保持違反罪」などに問われた。「商業利益と、市民が正当な情報を得る権利のどちらが大切か」。弁護士が語気を強めると、傍聴席から異例の拍手がわき上がった。

 約2万8000ページに及ぶ内部文書が明らかにしたのは、人口56万人の小国ルクセンブルクが持つ租税回…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1263文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ「認めます」
  4. 財務省 森友交渉記録、国会に提出 理財局次長が陳謝
  5. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]