メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タックスヘイブンの闇

/下 欧州各地、温床に 裁かれる内部告発者

 ルクセンブルクの一角で今月上旬、全欧州が注目する裁判が行われた。元大手会計事務所職員、アントワーヌ・デルトゥール被告(30)やジャーナリストら3人が2010年に会計事務所から内部文書を持ち出し、12年に仏メディアで暴露したとして「秘密保持違反罪」などに問われた。「商業利益と、市民が正当な情報を得る権利のどちらが大切か」。弁護士が語気を強めると、傍聴席から異例の拍手がわき上がった。

 約2万8000ページに及ぶ内部文書が明らかにしたのは、人口56万人の小国ルクセンブルクが持つ租税回…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1263文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです