メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

日ハム、自前球場検討 本拠地移転、北大構内など候補

札幌ドーム=札幌市豊平区で2014年9月、本社チャーター機から手塚耕一郎撮影

 プロ野球の北海道日本ハムファイターズは24日、札幌市かその近郊などに新球場を建設し、同市が所有する札幌ドーム(札幌市豊平区)からの本拠地移転を検討していることを明らかにした。ドームの使用料は年間13億円程度に上っており、自前の球場を持つことでサービスや収益の向上につなげる。

 球団によると、候補地は札幌市北区の北海道大学構内や同市南区の真駒内地区、北広島市の「きたひろしま総合運動公園」予定地など道内15〜20カ所。

 現在は人工芝グラウンドだが、新球場では選手の肉体的負担を軽くするために天然芝にすることや、降雪を考…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです