メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ANA

多言語や聴覚身障者対応のタブレット端末を導入へ

ANAが6月から導入するタブレット端末を手にする客室乗務員=東京都大田区のANA訓練センターで2016年5月25日午前11時5分、米田堅持撮影

 全日本空輸(ANA)は25日、機内や空港で顧客対応に用いるタブレット端末(iPad)を公開した。英語や中国語など5言語による表示と音声案内が可能で、聴覚障害者にも対応した。客室乗務員(CA)約7500人に貸与されている端末に新しいアプリとして6月からインストールして追加するほか、空港カウンターなど地上職員が使用する1500台も新たに導入する。

 機内や空港で想定される多くのシーンに対応しており、例えば、乗客が端末で要望を選んでいくと、機内設備…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです