メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天文衛星

「ひとみ」失敗、人為ミス重なる…JAXA報告

X線天文衛星「ひとみ」の模型=徳野仁子撮影

 エックス線天文衛星「ひとみ」が破損し、運用を断念する原因となった誤データ送信について、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、送信前にデータが正しいか委託業者が確認せず、JAXAも業者がチェックしたか確かめなかったという人為的ミスが重なったことが原因だったと明らかにした。同日の文部科学省の検証小委員会で報告した。30日予定の次回会合で再発防止策を提示するという。

 JAXAによると、ひとみは3月26日、姿勢制御装置の故障でゆっくりと回転を開始。小型エンジン4台を…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文535文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです