メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞企業人大学

日本型のテロ対策を 元警視総監・池田克彦氏講演 /千葉

講演する池田克彦・元警視総監

 毎日新聞企業人大学は25日、千葉市美浜区ひび野2の「ホテルグリーンタワー幕張」で5月講座を開き、原子力規制庁長官も務めた池田克彦・元警視総監が「日本のテロ対策」と題して講演した。【金森崇之】

講演要旨

 日本のテロは、伝統的には右翼と左翼。今、一般企業へのテロは右翼の可能性が一番高い。国際テロが政府系機関、交通インフラ、人が多数集まる場所など効果の大きいところを狙うのに対し、右翼は企業からどうやって金を取るか考える。そのためにテロまがいのことをやる。何か要求されたら毅然(きぜん)とした態度が大事だ。

 左翼の中核派は大衆路線に傾斜し、反安保や反原発運動を担っている。革マル派は労働組合や大学の自治体を…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文665文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです