メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井阪HD社長案を可決…24年ぶりトップ交代

セブン&アイ・ホールディングスの株主総会に出席する株主ら=東京都千代田区の同社本社で2016年5月26日午前9時53分、浜中慎哉撮影

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は26日午前、東京都千代田区の本社で株主総会を開いた。グループを24年間率いてきた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83歳)が退任し、中核子会社セブン−イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(COO、58歳)がHD社長に昇格する人事案が賛成多数で可決された。

     総会には昨年より約600人少ない1385人の株主が出席。鈴木氏は「長い間お世話になり、ありがとうございました。顧問として残るので今後もできることをやっていきたい」とあいさつ。井阪氏は「鈴木会長の精神を引き継ぎ、精いっぱい務めていきたい」と述べ、総会終了前に鈴木氏と握手を交わした。

     鈴木氏は経営から退いて名誉顧問に就き、鈴木氏を支えてきた村田紀敏HD社長兼COO(72)も退任して顧問となる予定。新体制では会長は置かない。

     鈴木氏は4月、自身が主導した井阪氏の退任案が取締役会で否決され、人事を混乱させた責任を取って辞任を表明していた。【浜中慎哉、小川祐希】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
    2. 大阪府警 20代の女性職員、キャバクラで勤務 処分検討
    3. あだち充総選挙 1位は浅倉南 判別困難で誤植も…
    4. 改正刑法 女性から女性の性暴力置き去り
    5. 特集ワイド 「大義なき衆院解散」で失われるもの 議会制民主主義、本旨どこへ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]