メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋ボストン美術館

19年3月までに閉館 慢性的赤字

 名古屋ボストン美術館(名古屋市中区)を運営する名古屋国際芸術文化交流財団は25日、入館者数の低迷などによる慢性的な赤字を解消できないと判断し、2019年3月までに閉館すると発表した。展示品を借り受けている米・ボストン美術館との契約は18年度以降は更新しないという。

 25日に名古屋市内で記者会見した財団の古角保・評議員会長は閉館理由について「支援を受け、当初の契約通り20年はまっとうできそうだが、さらなる財源の確保は難しい。入場者も見込みと乖離(かいり)があった」と述べた。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです