メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

オバマ大統領に伝えたい 広島、71年の営み=玉木研二(論説室)

「70年間は草木も生えぬ」という言葉のもとになった米国人科学者の談話を掲載した1945年8月23日の毎日新聞紙面

 原爆投下から71年、現職の米大統領が立つ広島は私の故郷である。川風のにおい、街角に漂うお好み焼きの香り、球場のどよめき、夕なぎ……。オバマ大統領の訪問が「核なき世界」への確かな一歩になることを率直に願う。そして、被爆の後、復興から今日に至る無数の人々と街の営みにも想像をめぐらせてほしい。広島はさまざまなかたちで、ひっそりと、原爆にまつわる物語を織ってきた。

 不意、一瞬に広範囲に街を破壊し、焼き尽くした原爆は人々の命運も一瞬の偶然で分けた。たまたま靴のひも…

この記事は有料記事です。

残り2996文字(全文3226文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです