メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/32 遊楽の新開地 門前仲町 飲食街の名残、随所 /東京

富岡八幡宮東側の堀跡「八幡堀遊歩道」に架かる八幡橋。国の重要文化財に指定されている

 地下鉄東西線門前仲町駅の南、大横川に架かる巴橋。この橋の東側に江戸時代、船着き場があった。1830年代に刊行された「江戸名所図会」の富岡八幡宮には、参詣客を乗せた屋根船でにぎわう船着き場と境内、本殿が描かれている。

 「密偵・小房(こぶさ)の粂八(くめはち)が亭主におさまっている、深川石島町の船宿〔鶴や〕で昼餉(ひるげ)をすませた長谷川平蔵は、久しぶりで富岡八幡宮へ参詣しようとおもいたった」

 時代小説「鬼平犯科帳」(池波正太郎著、文春文庫)第13巻第5話「春雪」では、火付盗賊改方長官、長谷…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  5. 特集ワイド 「ツイッターの妖精引退」宣言した女優、春名風花さん 現実世界に居場所、必ずある

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです