メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
拝啓オバマ様

fromヒロシマ 安佐南区・寺前妙子さん(85) /広島

「原爆に苦しめられ続けている」と振り返る寺前妙子さん=山田尚弘撮影

「二度と原爆を許すまじ」

 「原爆によって傷つけられ、死線をさまよった人生でした」。被爆した動員学徒の支援活動に取り組む寺前妙子さん(85)=安佐南区=は15歳のとき、爆心地から540メートルの学徒動員先の広島中央電話局で被爆した。左の眼球は飛び出て、顔面にも大きな傷が残った。

 教師を夢見ていたが、教壇で子どもたちに顔を見られ続けると思い諦めた。何度も整形手術をし、今は傷も薄れたが、左目は義眼のままだ。

 それでも、前向きに生きてこられたのは、「生き残らせていただいたとの思いから」だという。1957年か…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1419文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです