メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 梅雨入りが近づいてきた。この時期から夏にかけて気をつけなければならないのが食品の管理だ。食中毒は、子どもや高齢者の場合、重症化する恐れもある。家庭で食中毒を防ぐための基本は。

 ●梅雨時期、細菌増え

 食中毒の原因には、大きく分けて「細菌」と「ウイルス」がある。ウイルスは低温で乾燥した環境を好むため、この時期、食中毒を引き起こすのは主に細菌だ。村田容常・お茶の水女子大教授(食品貯蔵学)に解説してもらった。

 「微生物は地球上のあらゆるところに存在しますが、一定以上に増えた時、悪さをする場合があります」。食…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1308文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです