メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MJOによって太平洋上に三つの台風が生まれた。下から2015年6月14日、24日、7月3日、8日のひまわり8号の画像=千葉大提供

 天気が西から東へ変化するという日本の常識は、熱帯では通用しない。熱帯にスコールをもたらす雨雲は東へ西へ自在に行き交い、時にはこれらをのみ込む巨大な雲の一群が大暴れする。

 気象衛星のなかった1970年代前半、南洋の気象観測データをコツコツと洗い出した米国の研究者たちが、一見無秩序な雲群の動きに、ある壮大な規則性があることを突き止めた。それは発見者の名にちなみマッデン・ジュリアン振動(MJO)と呼ばれている。

 MJOはインド洋上で生まれ、ゆっくりと東に移動し西太平洋上で強大化したあと、東へ抜けて消滅する。こ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです