メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乗客、懸命の脱出…「逆噴射後、火噴く」

機体トラブルを起こした航空機から避難した乗客=羽田空港上空で2016年5月27日午後1時2分、本社ヘリから梅村直承撮影

 東京都大田区の羽田空港で27日午後、離陸に向けて滑走していた大韓航空機から煙が出て、乗客が脱出する事故が起きた。乗客は全員避難して無事だったが、消防の消火作業を不安そうに見つめた。首都の玄関口は緊迫した雰囲気に包まれた。

 事故を目撃した航空会社の社員によると、事故機は離陸のために滑走していたが、滑走路を3分の1ほど走ったところで突然スピードを落とし、エンジンを逆噴射した。その瞬間、左エンジンが火を噴いたという。この社員は「何らかのトラブルで離陸できなくなったのだろう。エンジンが異常燃焼し、火災が起きたのかもしれない」と話した。

 滑走路に停止した事故機の左エンジンに向け、消防車が消火剤を噴射した。操縦席の後ろのドアからは脱出用のシューターが下ろされていた。乗客らはシューターから脱出したとみられ、消火中も滑走路のすぐ脇に固まって、消火の様子を見つめていた。

 東京は朝から雨で、事故当時も同様の天候だった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. O157 発症の総菜店が閉店
  2. メキシコ地震 「なぜ何度も災難に」32年前と同じ日に
  3. 警視庁 東京都職員を逮捕…児童ポルノ禁止法違反容疑
  4. カップヌードル 話題の謎肉パック8時間で完売
  5. 大阪府警 ミナミで半グレ調査 みかじめ料、暴対法抜け穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]