メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV強要

「芸能活動、実は…」被害女性が実態語る

参議院議員会館でシンポ ビデオ・メッセージ通じて

 芸能活動などの契約など結んだ女性が、アダルトビデオへの出演を強要される被害を考えるシンポジウムが26日、参議院議員会館(東京・千代田区)で開かれた。会場では被害女性がビデオ・メッセージを通じ、被害の実態を詳細に語った。

 NPO法人「人身取引被害者サポートセンターライトハウス」(東京都)によると、アダルトビデオ出演に関する相談は2013年から今年4月末までに計120件。出演時の年齢は8割が18〜25歳だった。

 アダルトビデオと知らされずに撮影され、撮影後に契約を強要されたり、出演を拒否したら高額な違約金が発生すると言われたケースもあったという。

 主催した人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN)の伊藤和子事務局長は「一人で抱え込まないで弁護士や専門機関に相談してほしい」などと訴えた。【丹治重人】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 埼玉・宮沢湖畔 「ムーミン」テーマパーク、来年3月開業
  3. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  4. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  5. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]