メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いとしま学

独自テキストで郷土愛を 糸島市の小5、中1に授業 今年度スタート /福岡

糸島市と県が連携して作製したテキスト「いとしま学」を開き、郷土の歴史を学ぶ児童たち

歴史や文化など

 多くの古墳があり、弥生時代の硯(すずり)が出土するなどの糸島の歴史や文化の貴重な遺産をはじめ産業や自然などを学ぶ「いとしま学」の授業が27日、糸島市立前原小学校(東寺恵子校長)であった。

【三嶋祐一郎】

 古里への誇りと愛情を育んでもらおうと、市と県で構成する糸島地域広域連携プロジェクト推進会議が糸島の未来の人材を創る「いとしま学」のプロジェクトを進めており、九州大や郷土史家、市役所の各部署が連携し糸島の地域の魅力がいっぱいのテキスト「いとしま学」を作った。小学生版と中学生版の各1500部を市内の小学5年と中学1年に配り、今年度から総合学習の時間で活用す…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]