メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いとしま学

独自テキストで郷土愛を 糸島市の小5、中1に授業 今年度スタート /福岡

糸島市と県が連携して作製したテキスト「いとしま学」を開き、郷土の歴史を学ぶ児童たち

歴史や文化など

 多くの古墳があり、弥生時代の硯(すずり)が出土するなどの糸島の歴史や文化の貴重な遺産をはじめ産業や自然などを学ぶ「いとしま学」の授業が27日、糸島市立前原小学校(東寺恵子校長)であった。

【三嶋祐一郎】

 古里への誇りと愛情を育んでもらおうと、市と県で構成する糸島地域広域連携プロジェクト推進会議が糸島の未来の人材を創る「いとしま学」のプロジェクトを進めており、九州大や郷土史家、市役所の各部署が連携し糸島の地域の魅力がいっぱいのテキスト「いとしま学」を作った。小学生版と中学生版の各1500部を市内の小学5年と中学1年に配り、今年度から総合学習の時間で活用す…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  2. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 厚労省 障害者手帳をカードでも 来年度から希望者に
  5. KYB 免震改ざん タワーも原発施設も五輪会場も 「早く情報を」困惑拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです