メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オバマ米大統領

追悼訪問 島田洋七さん、亡父思い「原爆使うたらあかん」 広島、長崎は核の教科書 /佐賀

島田洋七さん

 オバマ米大統領が27日夕、現職の米大統領として初めて被爆地・広島を訪問した。広島市出身の漫才師、島田洋七さん(66)=佐賀市在住=は父親が入市被爆して7年後に原爆症で亡くなった。島田さんに原爆投下とオバマ氏の広島訪問についての思いを聞いた。【聞き手・関東晋慈】

 広島に原爆が落とされたとき、両親は母親の実家の佐賀に家族で疎開してました。父親は32歳ぐらいで、後から母が言うには「広島がなくなった」という話が信じられなかったみたい。何万人という人がいっぺんに死んでしまうなんて信じられず、1週間か10日後ぐらいに確かめに戻ったみたい。「そんないっぺんにどっか行くかー」って。血液の病気になって5年間ぐらい入院して僕が2歳のときに亡くなった。

 オバマさんはよく決断してくれた。核の残酷さを分かってもらえればいい。あらゆるものを破壊して人類を消…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです