メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を見つめて

生きる・小児がん征圧キャンペーン20周年/1 治癒後のケア課題

検査結果を一緒に確認する山崎俊一朗さん(左)と佳美さん=東京都新宿区で2016年4月24日、徳野仁子撮影

 東京都在住の公務員、山崎俊一朗さん(30)は年に2回、小児科で精密検査を受けている。受診先は聖路加国際病院(東京都中央区)。コンピューター断層撮影(CT)や大腸内視鏡検査のほか、血液や尿もチェックする。今年2月にも検査を受け、担当医の石田也寸志医師(58)から結果の説明を受けた。「問題ないでしょう」。ほっとした気持ちを感謝の言葉に込めた。「ありがとうございました」

 山崎さんは3歳の時、小児がんの一種の「神経芽腫(がしゅ)」と診断された。右の腎臓を摘出し、約1年に…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1271文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです