メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

防災を地域の力で 地震を検証、福大でシンポ 事前計画の必要性訴え /福岡

熊本地震の教訓を受け、共助を中心とした地区防災計画作りの重要性を訴える室崎会長(左端)ら

 熊本地震の教訓を検証しようと、地区防災計画学会(会長・室崎益輝(よしてる)兵庫県立大防災教育研究センター長)が29日、城南区の福岡大学でシンポジウム「熊本地震を踏まえた地域防災力強化の在り方」を開いた。地域住民らによる共助を中心とした地区防災計画作りを進めようと、初めて九州で開催し、大学や行政の担当者ら約120人が参加した。

 地震発生直後に倒壊家屋などから住民を助けるのは消防や自衛隊でなく、地域住民が中心のため、2013年…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文542文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです