メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

防災を地域の力で 地震を検証、福大でシンポ 事前計画の必要性訴え /福岡

熊本地震の教訓を受け、共助を中心とした地区防災計画作りの重要性を訴える室崎会長(左端)ら

 熊本地震の教訓を検証しようと、地区防災計画学会(会長・室崎益輝(よしてる)兵庫県立大防災教育研究センター長)が29日、城南区の福岡大学でシンポジウム「熊本地震を踏まえた地域防災力強化の在り方」を開いた。地域住民らによる共助を中心とした地区防災計画作りを進めようと、初めて九州で開催し、大学や行政の担当者ら約120人が参加した。

 地震発生直後に倒壊家屋などから住民を助けるのは消防や自衛隊でなく、地域住民が中心のため、2013年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです