メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国家資格取得

医療・福祉に共通課程 進路変更後押し 厚労省検討

 厚生労働省は、看護師や保育士など医療・福祉分野の国家資格取得に関し、共通の基礎課程導入の検討を始めた。別の資格を取るのにかかる期間を短縮することで、医療・福祉分野の人材が待遇のよい仕事に転職しやすくする。資格を持ちながら働いていない「潜在有資格者」の再就職にも結びつけたい考えだ。夏にも同省内で具体案の検討を始め、2021年度ごろの導入を目指す。

 医療・福祉分野の国家資格を取得するには、国が指定した専門学校や大学での養成課程を経て国家試験に合格…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文839文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです