メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金正恩体制のいま

/上 科学者重用し人心掌握 立派な住居、党幹部抜てき

祝賀パレード後、手を振りながら退場する金正恩氏=平壌の金日成広場で10日

 北朝鮮の朝鮮労働党は5月6〜9日に36年ぶりとなる党大会を開催し、本格的な「金正恩(キムジョンウン)時代」のスタートを切った。大会に合わせた4年ぶりの平壌取材などから、今の北朝鮮を報告する。【平壌で大貫智子】

 赤やピンクの花飾りをひな壇に向かって盛んに振り「マンセー(万歳)」と叫ぶ人々。10日、平壌中心部の金日成(キムイルソン)広場で1時間余りに及んだ党大会祝賀パレードは、誰もが一糸乱れぬ動きをしているように見えた。

 そして、最高指導者の入退場の際だけに流れる音楽が始まった。ひな壇の真下にいた大勢の参観者が立ち上が…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1247文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]