メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

学校での自殺予防教育 「あなたは大切」伝えながら

 自治体に自殺対策の計画作りを義務づけ、学校に自殺予防教育に取り組む努力義務を課した改正自殺対策基本法が4月1日に施行され、間もなく2カ月になる。教育現場でほとんど積極的な取り組みがなかった自殺予防教育だが、子どもが自分の心の状態を知り、悩みに対処する方法を授業に取り入れた教育委員会や、保健師による出前授業を始めた自治体があり、ようやく進み始めた。

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2212文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  4. 陸上イージス 配備説明 秋田知事「不本意」 防衛相訪問
  5. 雑記帳 近鉄名古屋駅と伊勢中川駅(三重県松阪市)を結ぶ近鉄名古屋線が…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]