メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

学校での自殺予防教育 「あなたは大切」伝えながら

 自治体に自殺対策の計画作りを義務づけ、学校に自殺予防教育に取り組む努力義務を課した改正自殺対策基本法が4月1日に施行され、間もなく2カ月になる。教育現場でほとんど積極的な取り組みがなかった自殺予防教育だが、子どもが自分の心の状態を知り、悩みに対処する方法を授業に取り入れた教育委員会や、保健師による出前授業を始めた自治体があり、ようやく進み始めた。

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです