メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

砂丘と光の感覚=酒井佐忠

 いま中東在住の若手歌人、千種創一の第一歌集『砂丘律』(青磁社)に注目していたが、このほど日本歌人クラブ新人賞を受賞したのは喜ばしい。千種は1988年生まれ。東京外語大在学中に、やはり中東在住の長かった歌人、三井修の授業「短歌創作論」を受け「外大短歌会」を創立。同人誌「中東短歌」を創刊するなどアラビア語の知識を生かした中東文化をもとにした作品が新鮮だ。砂丘から生まれる若者の感覚が詩的な光沢を放つ。

 <瓦斯燈を流砂のほとりに植えていき、そうだね、そこを街と呼ぼうか>。巻頭の一首。「街」とは、流砂の…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです