メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

砂丘と光の感覚=酒井佐忠

 いま中東在住の若手歌人、千種創一の第一歌集『砂丘律』(青磁社)に注目していたが、このほど日本歌人クラブ新人賞を受賞したのは喜ばしい。千種は1988年生まれ。東京外語大在学中に、やはり中東在住の長かった歌人、三井修の授業「短歌創作論」を受け「外大短歌会」を創立。同人誌「中東短歌」を創刊するなどアラビア語の知識を生かした中東文化をもとにした作品が新鮮だ。砂丘から生まれる若者の感覚が詩的な光沢を放つ。

 <瓦斯燈を流砂のほとりに植えていき、そうだね、そこを街と呼ぼうか>。巻頭の一首。「街」とは、流砂の…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
  2. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  3. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に
  4. 質問なるほドリ パーキンソン病って何? 脳の指令伝わらず震え 国内に約16万人=回答・荒木涼子
  5. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです