メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

ほっと一息、避難者の交流の場 益城町にカフェ

カフェを訪れて学生と話をする避難者=熊本県益城町惣領の町保健福祉センターで2016年5月29日、椋田佳代撮影

 テラスでコーヒーやお茶を飲みながらおしゃべりできるカフェが、熊本県益城(ましき)町の町保健福祉センターの避難所にオープンした。熊本学園大の学生ボランティアが28日に始め、週末限定で運営している。避難者が避難所の運営に積極的に関わるきっかけにしようと、避難者からボランティアスタッフを募集しており、将来的には運営を任せる方針だ。

 カフェはセンター2階のテラスに設置。屋根はあるが屋外に面しており、開放感がある。机や椅子は大学から…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  2. 飲食店で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  3. 札幌飲食店爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです