メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

軍事研究否定

見直しに危機感…京大でシンポ

 大学などでの軍事研究に反対する有識者による「『軍学共同』反対シンポジウム」が29日、京都市左京区の京都大で開かれた。日本の科学者の代表機関「日本学術会議」が軍事目的の研究を否定する声明の見直しを始める中、専門家らが「大学や研究機関が軍事研究の下請けになる」と危機感をあらわにした。約150人が参加した。

     基調講演した池内了・名古屋大名誉教授(宇宙物理学)は見直しについて「日本の学術が軍事化されていくかどうかの正念場。国民の意見を聞く場も必要だ」と述べた。シンポジウムには、日本学術会議副会長の井野瀬久美恵・甲南大教授(イギリス近現代史)も出席。「科学者の責任など議論すべきことはたくさんある」とあいさつした。【畠山哲郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    2. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
    3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    4. 流山男性刺傷 トラブルで口論「腹が立った」33歳女逮捕
    5. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]