メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山林に一時放置、父「しつけ」…北海道

 28日午後5時50分ごろ、北海道七飯町東大沼の山林で、北斗市追分4の小学2年、田野岡大和さん(7)が行方不明になったと、父親(44)から道警函館中央署に届け出があった。車で帰宅途中、父親が「しつけ」として一時置き去りにしたところ、行方が分からなくなったという。同署は付近を捜索するとともに、保護責任者遺棄容疑の可能性もあるとみて慎重に捜査している。

     同署によると、大和さんは両親と姉の4人で車で鹿部町の公園に遊びに行き、帰宅途中だった同日午後5時ごろ、駒ケ岳のふもとの林道沿いの山林に置き去りにされた。父親は車で数百メートル走った後、約5分後に歩いて戻ったが、大和さんはいなくなっていた。

     父親は当初、「山菜採りで山に入り、子供がいなくなった」と同署に説明。虚偽の説明をしたことについて「(しつけは)公園で言いつけを守らなかったため。虐待を疑われると思った」と釈明しているという。同署や北斗市教育委員会によると、日常的な虐待などは確認されていない。

     大和さんは身長約120センチ、体重約20キロ。現場は日中もほとんど人通りはない。【遠藤修平、安達恒太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    2. 黒田清子さん 伊勢神宮を参拝 祭主就任報告
    3. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
    4. 衆院選 中曽根元首相の孫が出馬表明へ
    5. 世界の雑記帳 シンガポール空港の手荷物係、行き先タグの付け替え行為が発覚

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]