メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選・トランプ現象

私はこう見る 対中関係、改善望めず 中国人民大米国研究センター主任・時殷弘教授

 トランプ氏が大統領になる場合、米国の対中政策として次の3点が予測できる。

 まず、保護主義によって中米の経済関係には大きな衝突が起きるだろう。次に安全保障面。南シナ海問題を含む西太平洋での対中姿勢はオバマ大統領より強硬になるはずだ。さらに、米国と太平洋地域の同盟国との間に、米軍の駐留費用負担などを巡って溝が生じる可能性があり、この点は間接的に中国に有利に働くかもしれない。

 現在の中米関係の基調は「対立」ではないにしろ、「協調」とも言えない。両方が同時に存在する。しかも近…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]