メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選・トランプ現象

私はこう見る 対中関係、改善望めず 中国人民大米国研究センター主任・時殷弘教授

 トランプ氏が大統領になる場合、米国の対中政策として次の3点が予測できる。

 まず、保護主義によって中米の経済関係には大きな衝突が起きるだろう。次に安全保障面。南シナ海問題を含む西太平洋での対中姿勢はオバマ大統領より強硬になるはずだ。さらに、米国と太平洋地域の同盟国との間に、米軍の駐留費用負担などを巡って溝が生じる可能性があり、この点は間接的に中国に有利に働くかもしれない。

 現在の中米関係の基調は「対立」ではないにしろ、「協調」とも言えない。両方が同時に存在する。しかも近…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです