メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 出産や育児教育を実践 学生の「ライフプラン」への意識育む

順天堂大学のセミナーで、本田由佳非常勤助教(中央)の助言を受けながら妊婦体験ジャケットを身に着ける男子学生=東京都文京区の同大学で

 経済成長の担い手として働き、出産・子育てもこなして少子化に歯止めを−−。今の大学生には、社会の期待がのしかかっている。18歳人口の減少に直面する大学にとっても、少子化対策は大きな課題だ。卒業後の進路を具体的に考える前に、出産や育児を踏まえたライフプランに目を向けさせる教育が、大学で広がっている。

 ●仕事「低空」の時期あっても

 「35歳以降に出産を考える人が多いですが、その時点では卵子の数がかなり減ってしまいます」「妊娠力に…

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文1819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです