メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SPORTS×LIFE

熊本地震とスポーツ つらい時こそ一心不乱 被災の高校、男子バスケ部

小さな電球で照らされたコートで汗を流す熊本県立第二高と熊本商高の選手たち=熊本市の熊本商高で24日、生野貴紀撮影

 4月14日に震度7を観測した熊本地震から約1カ月半が経過した。今なお、熊本県内では8000人以上が避難生活を続ける中、街は少しずつ日常を取り戻しつつある。開催が危ぶまれた熊本県高校総体も、県内外に会場を変更するなどして当初の予定通りに6月3日に開幕する。さまざまな葛藤を抱えながらも、スポーツに打ち込む高校生たちは何を思うのか−−。地震の影響で練習拠点を失った、熊本県立第二高(熊本市東区)の男子バスケットボール部を追った。【生野貴紀】

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2089文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです