メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SPORTS×LIFE

熊本地震とスポーツ 体動かす機会確保を 神戸大大学院・山口泰雄教授に聞く

神戸大大学院・山口泰雄教授

 地震の被災地ではスポーツもさまざまな影響を受ける。その中で、スポーツはどのように行われ、人々の生活や復興にどのような役割を果たすことが望まれるのか。神戸大大学院人間発達環境学研究科の山口泰雄教授に、過去の被災地の実例も踏まえた熊本への提言を聞いた。【聞き手・野村和史】

 1995年の阪神大震災後、神戸市では小中学生の男女いずれも肥満児の割合が増えた。校庭や公園に仮設住宅が建つなど遊べる場所が減り運動量が落ちたことや、ストレスなどが原因だ。

 今回の被災地でも同じようなことが懸念される。ただ、熊本では学校の再開が比較的早かった。体育の授業だ…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1178文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです