メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

米原万里 没後10年 今も通じる発言の本質 妹が明かす規格外の素顔

『姉・米原万里』で素顔を紹介した井上ユリさん=東京・八重洲ブックセンターで先月開かれた「米原万里没後10年フェア」の回顧展で

 ロシア語通訳で名をはせ、『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』『オリガ・モリソヴナの反語法』などのエッセーや小説でも知られる米原万里(1950〜2006年)が亡くなって今年で10年を迎えた。妹の井上ユリさんが素顔を明かす『姉・米原万里』(文芸春秋)が刊行されたのをはじめ、その不在を惜しみ、作品を改めて読む動きが広がっている。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1385文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです