メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠野のNPOと熊本・菊池市協力 被災地の支援活動で /岩手

弱者の長期的支援などに協働であたることを明らかにした江頭実・熊本県菊池市長(右)と遠野まごころネットの多田一彦理事=熊本県庁で

 熊本県菊池市の江頭実市長は、熊本市中央区の県庁で記者会見し、東日本大震災で被災者支援をしてきた遠野市のNPO法人「遠野まごころネット」(臼澤良一理事長)と協力して、熊本地震の被災地でボランティア活動を進めることを明らかにした。

     まごころネットは、熊本県内外から受け入れたボランティアを、多様化する被災者の支援の求めに応じ、被災した各自治体への派遣を調整。市と市社会福祉協議会、NPOなどが連携した態勢を整備する。高齢者や障害者、子どものいる世帯など、災害弱者への支援や心のケア、農業など産業の復旧にも力を入れる。

     一方、菊池市はボランティアが現地で滞在できるよう、温泉施設などを提供する。江頭市長は「ボランティアが安心して被災地に出向くことで、さまざまな支援につながる」と述べた。

     問い合わせは、菊池市災害ボランティアネットワーク(電話090・1713・7111)。【中里顕】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 秋篠宮さま「皇嗣殿下」方針 典範改正拒むかたくなさ
    2. 考・皇室 課題検証/4 「皇太子同様」どこまで 秋篠宮さま、待遇や位置づけ
    3. 眞子さまご婚約 出会って1年でプロポーズ
    4. 退位 「皇太子」称号に難色 秋篠宮さま意向で見送り
    5. 考・皇室 社会を映す/2 悠仁さまの皇位継承、見据え 人権への制約重く 秋篠宮さま「自然体で」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]