メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

混乱に拍車 暫定政権閣僚また辞任

 ロイター通信などによると、ブラジルのテメル暫定政権で汚職対策を担当するシルベイラ透明性・監察・監督相が5月30日、汚職事件の捜査妨害疑惑が表面化したことを受け、辞意を表明した。弾劾手続きが始まったルセフ大統領が停職となり、12日に発足したばかりの暫定政権だが、閣僚の辞任表明は早くも2人目。他にも閣僚数人が汚職事件に関与した疑いで捜査対象となっており、8月のリオデジャネイロ五輪を前に政治的混乱がさらに深まる可能性がある。

 国営石油会社ペトロブラスを舞台に多数の政治家や企業幹部が関与したとされる汚職事件を巡り、シルベイラ…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文739文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです