メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を見つめて

生きる・小児がん征圧キャンペーン20周年/4 就労 元患者の自信に

常連の客にコーヒーを出すはーとりんく喫茶の女性スタッフ=新潟市中央区で、林田七恵撮影

 来店した客の注文を聞き、コーヒーを出す。あいさつを交わしたり、「ありがとう」の一言をもらえたりするのがうれしい。客のいない時間は薬剤師を目指して勉強する−−。新潟市中央区のオフィス街のビル1階にある「はーとりんく喫茶」で働く女性(30)は、店での一日を忙しく過ごす。

 中学生の時、がんウイルスが原因の病気にかかり、視覚や腎臓に障害が残った。印刷工場に就職したが、担当した製品検査の仕事は目に負担が大きかった。疲労がピークに達したころ、はーとりんく喫茶に採用された。「自分が必要とされていると感じられる」と声を弾ませる。

 はーとりんく喫茶は、2013年4月にオープンした小児がん経験者のための就労施設だ。20席ほどのスペ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです