メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさか維新

田中康夫氏擁立を検討 参院選東京選挙区

田中康夫氏=根岸基弘撮影

 おおさか維新の会代表の松井一郎大阪府知事は1日、参院選東京選挙区(改選数6)に作家で元長野県知事の田中康夫氏(60)の擁立を検討していることを明らかにした。2日に松井氏が田中氏と大阪市内で面会し、3日の常任役員会で最終判断するとみられる。

     松井氏によると、田中氏から「一兵卒でいいので、改革の仲間に入れてほしい」と申し入れがあり、東京選挙区からの出馬を希望しているという。松井氏は田中氏について「改革のマインドは認めている」と評価。「東京では『おおさか』にアレルギーがあり、人材がたくさん集まっている状況ではない」とも述べ、有力候補であるとの認識を示した。

     田中氏は2000〜06年に長野県知事を務め、07〜12年は参院議員と衆院議員。05年に新党日本を設立し代表も務めた。【牧野宏美】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 「ヒルドイド」美容目的の処方規制見送り
    2. 奈良・安堵 町議「股裂き刑したい」ヘイト投稿
    3. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
    4. WEB CARTOP ドライバーはココが気になる! 同乗者にやめてほしい行為7選
    5. ORICON NEWS 木村佳乃、人生初の剃髪姿で『相棒』2年ぶり再登場「三蔵法師みたいでおもしろい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]