メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業統治指針

適用1年、社外取締役の選任広がる

 上場企業の行動原則を定めた「コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)」の適用開始から1日で1年を迎えた。大企業を中心に社外取締役を選任する動きが広がるなど、指針に沿った体制整備が急ピッチで進んでいる。今後は、指針の目的である企業の成長力の向上につながるかが問われそうだ。

 東証の今年3月の調査では、東証1、2部上場企業2018社のうち、指針の定める73原則をすべて実施した企業は11.1%だったが、9割以上実施した企業は67.3%に達した。

 項目別の実施率は、「独立社外取締役2人以上の選任」は58.9%と2014年7月時点の17.2%から…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1121文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]