メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファミリーマート

方言でATM案内…石川県内97店舗

石川弁で音声案内するATM=金沢市で2016年6月1日、金志尚撮影

 大手コンビニのファミリーマートは1日、石川県内97店舗の現金自動受払機(ATM)で、石川の方言を使った自動音声案内システムを導入した。

     ファミマと県は地産地消の推進など幅広い分野で連携する協定を結んでいる。今回は、協定に基づきATMの音声案内に方言を用いた。

     方言に詳しい金沢大の加藤和夫教授の監修の下、かほく市以南の店舗は「加賀・金沢弁」を、宝達志水町以北は「能登(七尾)弁」をそれぞれ採用した。

     音声は「いらっしゃいませ」「ありがとうございました。またお越しください」の2種類。加賀・金沢弁では「よーきたねー」「あんやと。またきまっしねー」で、能登弁は「よーおいでたねー」「ありがとー。またきてくだいね」となる。

     この日は金沢市広岡3の店舗で開始式があった。デモンストレーションを披露した能美市出身の棗左登志(なつめ・さとし)県観光戦略推進部長は「標準語に比べて方言は柔らかい。観光誘客につながる」と期待していた。

     方言を使ったATMの音声案内は、愛媛、高知、宮崎、沖縄各県でも採用されている。【金志尚】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ことば 健康保険組合
    2. 健保組合 23%で解散の恐れ 高齢者分の負担増大
    3. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒
    4. 盗撮容疑 小学校長逮捕 女子高生のスカート内撮影
    5. セクハラ疑惑 国会で黒服抗議 女性記者へ連帯示す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]