メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAL

ネックは「男性管理職」 女性初の代表取締役の大川専務

日航初となる女性の代表取締役となった大川順子専務=東京都品川区の同社で、米田堅持撮影

 今年4月、日本航空(JAL)としては女性として初めて代表権を持つ専務取締役になったキャビンアテンダント(CA)出身の大川順子さん(61)が就任した。6年前に経営破綻した同社だが、CA出身の代表取締役は、新生JALをどう導くのか。聞いてみた。【黒川将光】

CA、ひょっとするとなれるかも

Q:いままでも取締役だったわけですが、代表権を持つ意気込みを?

A:入社後、CAとして約1万時間飛んできました。経験を積んでチーフ役のCAになると、客室の最高責任者…

この記事は有料記事です。

残り2356文字(全文2579文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです