メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拝啓オバマ様

fromヒロシマ 来訪を振り返って/2 被爆者の声、届いたのか /広島

浅妻南海江さん=竹田迅岐撮影

万感の思い感じた 浅妻南海江さん(73)

 金沢市の自宅でテレビの生中継を見ながら、広島に来たオバマ米大統領の心の内を思っていた。私は被爆者ではないが、オバマ氏が原爆慰霊碑に献花する姿を見て、贖罪(しょくざい)の気持ちを感じた。万感の思いがあったのだろう。

 演説では「私」という主語が出ず、「我々」という表現に終始した。それを批判する人もいるだろうが、私はそうせざるを得なかったのだろうと思う。改めて大統領という難しい立場を思い、そういった状況で広島に来ていただいたことを実感した。

 被爆者の方を前にして、オバマ氏は核廃絶への気持ちをより強くしたと思う。任期はあと少しだが、退任後こ…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです