メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

最後の日本産トキだったキンが死んだのは…

 最後の日本産トキだったキンが死んだのは2003年だ。キンはその35年前に捕獲され、佐渡の保護センターで飼育されてきた。年齢は人間でいえば100歳前後とあって、死因は老衰とされた▲だがその後の調査の結果、頭部挫(ざ)傷(しょう)による死だったことが分かる。モニター映像によれば突然羽ばたいて飛び上がった拍子に、保温室の扉に頭をぶつけたのである。目もよく見えず、一日中じっとしていたキンのどこにそんな力が残っていたのかと関係者は仰(ぎょう)天(てん)した▲「若いころの夢でも見たのでしょうか」とは獣医の言葉だった。ニュースを聞いた人の多くが檻(おり)から飛び立ち、野の風にのって遠い空へと消えてゆく日本産トキの最後の夢を思い描いたろう。それから13年、「純野生」のトキが日本の空へ再び飛び立つ日が近づいた▲純野生とは聞きなれないが、野生下で生まれ育ったつがいから誕生したひなをこう言い表す。中国から譲り受けたトキを人工的に繁殖させ、放鳥を始めたのが8年前。それから野生下での繁殖が始まり、先日とうとう純野生のひな2羽の初めての巣立ちが確認された▲ちなみに巣立ちとは両足が巣から出ることで、飛び立つまでには1週間ほどかかる。地域ぐるみで取り組んだトキの野生復帰だが、大きな前進は小さなひなの一歩によってもたらされた。他に5羽の巣立ちも近いようで、ほどなく水田で餌をついばむ姿も見られよう▲キンが夢見た野生の羽ばたきは、今ひなたちによって佐渡の空によみがえろうとしている。人間はトキから奪った生息環境を回復できたのか。「純野生」のトキたちはそこでどんな夢を見るだろう。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
    2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
    3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
    4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
    5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです