メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

気仙沼のラーメン屋に学ぶ経営再建=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

御手洗瑞子さん

 宮城・気仙沼に「まるき」というラーメン屋がある。並ばずに席につけることはほぼなく、冬の雪の日でも外まで行列が延びるほどの繁盛店だ。

 そんな「まるき」だが、これほど人気になったのは、実は東日本大震災後に再建してからのことだという。震災前、「まるき」は大衆食堂だった。そばやラーメン、定食など幅広いメニューをそろえていたが、地域の人口減少に伴い客足も減り、経営は楽ではなかった。コストの抑制に目がいき、新しいメニューの開発も進まない悪循環に陥った。

 そんな中、東日本大震災が起こる。店主自身も津波で店を無くしたが、ボランティアの炊き出しが来ると度々…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです