メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわり8号のデータを分析し、光の通りにくさを表した図。青よりも黄、赤ほど微粒子が多い=国立環境研究所、JAXA提供

 九州など西日本を中心に、冬から春にかけて汚染物質である微小粒子状物質(PM2・5)の濃度が急上昇することがある。今年も黄砂が飛来した4月23〜26日や5月7〜8日に数時間〜数日の濃度上昇が観測された。

 ひまわり8号からは、日中かつ雲のない領域については、大気中の微粒子に関する情報を、10分間隔という多頻度、アジアからオセアニアという広域について得られる。

 2009年に環境基準が定められたPM2・5は粒径2・5マイクロメートル以下の微粒子だ。人体への健康…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文649文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]