メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわり8号のデータを分析し、光の通りにくさを表した図。青よりも黄、赤ほど微粒子が多い=国立環境研究所、JAXA提供

 九州など西日本を中心に、冬から春にかけて汚染物質である微小粒子状物質(PM2・5)の濃度が急上昇することがある。今年も黄砂が飛来した4月23〜26日や5月7〜8日に数時間〜数日の濃度上昇が観測された。

 ひまわり8号からは、日中かつ雲のない領域については、大気中の微粒子に関する情報を、10分間隔という多頻度、アジアからオセアニアという広域について得られる。

 2009年に環境基準が定められたPM2・5は粒径2・5マイクロメートル以下の微粒子だ。人体への健康…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです