メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわり8号のデータを分析し、光の通りにくさを表した図。青よりも黄、赤ほど微粒子が多い=国立環境研究所、JAXA提供

 九州など西日本を中心に、冬から春にかけて汚染物質である微小粒子状物質(PM2・5)の濃度が急上昇することがある。今年も黄砂が飛来した4月23〜26日や5月7〜8日に数時間〜数日の濃度上昇が観測された。

 ひまわり8号からは、日中かつ雲のない領域については、大気中の微粒子に関する情報を、10分間隔という多頻度、アジアからオセアニアという広域について得られる。

 2009年に環境基準が定められたPM2・5は粒径2・5マイクロメートル以下の微粒子だ。人体への健康…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです