メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道男児不明

6日ぶり保護…自ら名乗る、陸自演習場で

男児が行方不明になった場所

 3日午前7時50分ごろ、北海道鹿部町内の陸上自衛隊の駒ケ岳演習場内で、5月28日から行方不明となっていた北斗市追分4の小学2年、田野岡大和さん(7)が見つかった。北海道警によると、隊員が施設で発見した。大和さんが自ら隊員に名前を名乗り出たという。目立った外傷はなく、衰弱した様子もないという。病院で検査を受けた後、詳しい事情を聴く方針。

 道警によると、発見場所は、行方が分からなくなった七飯町の山中から6〜7キロ離れている。

 大和さんは28日午後5時ごろ、両親と姉の家族4人で鹿部町の公園に車で遊びに行き、帰宅中に七飯町の林道沿いの山林で1人置き去りにされた。家族は当初、山菜採りの途中ではぐれて行方が分からなくなったと説明していたが、その後父親(44)は「公園で人や車に石を投げつけたため、しつけの意味で置き去りにした」と説明を翻した。

 父親は車で数百メートル走った後、歩いて約5分後に戻ったが、大和さんの姿はなかったと話しているという。【遠藤修平、澤俊太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  5. キユーピー マヨネーズの中身が流れ落ちやすい容器を投入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです